大森山の花子、仙台・八木山動物公園へ到着

ゾウさんニュース

河北新報によると、25日午前7時に秋田・大森山動物園を出発したアフリカゾウの花子は、同日中に仙台・八木山動物公園へ到着したとのことです。

 八木山動物公園の金集(かなつみ)隆幸園長は「花子が無事到着してほっとしている。繁殖が成功するよう全力でサポートする」と語った。
 アフリカゾウは自然繁殖が難しく、動物園での飼育や展示が危ぶまれている。覚書に基づき、八木山動物公園は来月中に雌の「リリー」を大森山動物園に送る。盛岡市動物公園との交換は来年2月の会議で方針を決定する。
 大森山動物園の三浦匡哉(まさや)園長補佐は「今度はリリーを受け入れる立場。しっかり準備したい」と話した。

引用元 河北新報 <八木山動物公園>アフリカゾウ「花子」が到着 繁殖目的で秋田から、雄の「ベン」と相性見極め

記事では、到着して餌をもらう花子の写真が掲載されています。

仙台市八木山動物公園、秋田市大森山動物園、岩手市動物公園では、アフリカゾウの繁殖に向けて3園連携・協力する覚書を交わしています。
2018年は八木山動物公園・大森山動物園のみの交換です。
花子の次は八木山動物公園・リリーが移動予定です。
(参照:河北新報 東北の3動物園、アフリカゾウの繁殖へ連携「成功させ、全国でゾウが見られるように」)
この取り組みが功を奏してほしい気持ちもありますが、まずは花子が八木山動物公園に慣れ、良く過ごせることを心より願います。

Follow me!

コメント