円山動物園、ミャンマーよりアジアゾウが来園

ゾウさんニュース

北海道・円山動物園に、ミャンマーよりアジアゾウが四頭来園しました。

円山動物園にアジアゾウ4頭が来園しました。

アジアゾウは日本とミャンマー連邦共和国の国交樹立60周年を記念して、ミャンマーから寄贈されたもので、ミャンマーから空輸により輸送され、11月30日に円山動物園に無事到着しました。

ゾウ4頭は、2018年9月に完成した新しいゾウ舎で、舎内をゆっくり探索したり、食事をしたりと落ち着いた様子です。

今後、ゾウたちが新しい生活に慣れるための期間や飼育のための訓練が必要となりますので、一般公開は2019年春ごろを予定しております。

【今回来園した個体】

・メス15歳(2003年9月12日生)

・メス(母)27歳(1991年4月28日生)

・メス(子)5歳(2013年5月12日生)

・オス10歳(2008年8月4日生)

引用元 札幌市円山動物園 ミャンマー国からアジアゾウ4頭が来園しました

円山動物園では、平成19年にメスゾウ・花子が亡くなって以来ゾウが不在でした。
2014年にアジアゾウの導入が決定し、設備を整えたりミャンマーとの調整を行い、去る11月30日に遠いところからはるばるアジアゾウがやってきたのです。
(参照 札幌市円山動物園 アジアゾウの導入について)
早くこの目で確かめたい気持ちもありますが、それよりも何よりも、
ミャンマーとは気候も暮らす人々も大きく異なる北海道で、ゾウたちが少しでも早く慣れて健やかに過ごせることを心より願います。

 

Follow me!

コメント