9/22はゾウ感謝の日!National Elephant Appreciation Dayをお祝いしよう!

ゾウさんニュース

こんにちは!
食欲の秋、ゾウの秋。三度の飯とゾウが大好き!ゾウブロガー・ぞう氏です。


今朝Twitterで、
#ElephantAppreciationDay
というタグが付いたツイートをよく見かけるので何のことだろう?と思って調べたら、
なんと!毎年9/22は「National Elephant Appreciation Day」なのだそうです!

※時差の関係で日本だと9/23にこのタグがついたツイートを見ることになるので、知ったのが今日という…

ざっと調べたところ、National Elephant Appreciation Dayを日本語で紹介しているサイトなどがなさそうだったので、Elephant Appreciation Dayについて書かれた英語ページを、Google翻訳先生のお世話になりつつ訳してみました。
ゾウへの愛があふれたこの記念日、皆さんにもぜひ知っていただきたいです!

いつ、どこでできたの?

1996年、アメリカ・フロリダ州で設立されました。

誰が作ったの?

Mission Media,inc.というデジタル&デザインエージェンシーの、創業者にして社長のウェイン・ヘプバーン氏が設立しました。

なぜ作ったの?

ざっくり言うと、「ゾウが大好きだから作った!」ようです。ゾウを愛する我々みたいな動機だ…
詳しくは以下をお読みくださいね。

1970年、シカゴに住んでいたウェイン・ヘプバーン氏は、パレードをするゾウで囲まれたデザインのペーパーウェイトを12歳の娘さんから贈られました。
それ以降ヘプバーン氏はゾウの形のものを買い集めるようになり、1978年にフロリダ州に移住した時には80冊以上のゾウに関する書籍が彼の居間に集まっていたそうです。
1997年には、1909点に及ぶヘプバーン氏のゾウコレクションを集めたカタログが完成しました。(書籍やフィギュア、衣服にアートといったありとあらゆるゾウのものが掲載されているそうです!見てみたいですね)
また、1996年にはwildheart.comというドメインを取得し、ゾウを愛する人々の心のよりどころとなるようなサイトをつくりました。(今はないようです…残念)

どうやってお祝いするの?

特にどこかでお祭りをやっているわけでもないので、個人個人で心の中で祝う系のようです。
しかし、その割に英語圏のゾウ好きさんたちが#ElephantAppreciationDay付きで投稿しているので、何かイベントをやっているのではないか?と検索したところ、
マサチューセッツ州・Buttonwood Park Zooでは飼育されているゾウたちのお誕生日のお祝いに絡めてイベントを開催したようでした。
以下、Buttonwood Park ZooのElephantApplereciationDayの記事の訳です。(※訳の精度はざっくりしています)

9/22(土)に、ルースの60歳のお誕生日をお祝いします!また、エミリーの54歳のお誕生日&彼女が当園にきてから50回目のお祝いも行います。
私たちのガールズのために、当日の11~14時はアジアゾウエリアにお越しください。この活動に参加し、絶滅危惧種であるアジアゾウたちのために何ができるか学びましょう。
13時より、ガールズがバースデーケーキを美味しく食べる様子を見ることができます。
もし誕生日プレゼントを贈りたい場合は、無塩ピーナツ、ヨーグルトコーティングのレーズン、ドライフルーツをご持参ください。未開封の状態で持ってきてくださいね。
注 ※ルース、エミリーはそれぞれButtonwood Park Zooで飼育されているメスのアジアゾウです

引用 Elephant Appreciation Day Buttonwood Park Zoo

引用元には仲睦まじそうなゾウさんのお写真があり、なるほどお祝いごとに絡める&絶滅危惧種である現状を伝えるイベントにできるのだな!と思いました。
ちなみに、お祝いを告知するツイートはこちらです。愛のある映像でニコニコしてしまいますね。


調べたらもっと多くのイベントがあるのでしょうね。日本の動物園ではお祝いや啓蒙活動を行っていないようなのですが、来年以降何かイベントがあるといいなと思います。
というか、来年は何かしませんか?
と言っても#ElephantAppreciationDay このタグをつけてツイートするくらいになるとは思いますが…せっかくのこの日、非英語圏のゾウ好きも盛り上げていきたいですね!

おまけ

Elephant Appreciation Dayについてのサイトで、お祝いするためのゾウっぽい朝ごはんケーキクッキーお面などの作り方の紹介がありました。なるほどゾウ尽くしでお祝い…アリかもしれません。

手っ取り早くゾウ気分になれる被り物とか、おうちにゾウさんのぬいぐるみをお迎えするのもお祝いになるかも…?

 

Follow me!

コメント